ガス料金の適正価格をどう見極めるか - プロパンガスのガス料金の適正価格とは

プロパンガスのガス料金の適正価格とは

  • ガス料金の適正価格をどう見極めるか

    • ガスには都市ガスとプロパンガスが存在します。都市ガスの場合、小売りの自由化がなされるでは市民の生活を支える重要なものとの位置付けから国による認可制でした。

      その価格はガスを供給するまでに必要なコストに報酬を上乗せする総括原価方式で決定され、消費者に選択する自由はありませんでした。
      しかし、自由化されると多様な価格やサービスによりガスが供給され始めるようになり、適正価格がどのくらいか知らなければ小売り業者と契約する際の判断基準がありません。

      魅力的なガス料金の適正価格ついてはこちらのサイトでご確認ください。

      自由化とはいえ従来の都市ガス供給会社が即座に反応し、価格を大きく下げることは少ないでしょう。


      つまり都市ガスの適正価格は従来の計算方式を基準に判断することになります。



      経済産業省のホームページでは大手ガス会社のガス料金に関する届け出が一般公開されており、それらも適正価格の判断材料になると思います。一方プロパンガスは都市ガスと違い標準価格がなく、従来から事業者ごとに価格設定できました。
      したがって都市ガスよりも価格がやや高く、適正価格の判断が難しいといえます。



      こうした価格のばらつきによる消費者の戸惑いに応えるべくプロパンガス協会では適正価格を公表しています。現在のガス料金が高いと感じたときは、一度協会が示す価格を参考に事業者を見直すことも必要です。

      都市ガスにしろプロパンガスにしろ消費者が選択できる制度に変化しています。


      これまでのようにガス会社のサービスを受け入れるだけでなく積極的にガス料金について考え、より安く利用し易いサービスを探しましょう。

top