プロパンガスのガス料金の適正価格とは - プロパンガスのガス料金の適正価格とは

プロパンガスのガス料金の適正価格とは

  • プロパンガスのガス料金の適正価格とは

    • プロパンガスのガス料金の適正価格を見ると、現在は原油が供給過剰に伴って現在輸入価格が下がっています。それに伴って、適正価格も下がってきており料金を見直すときにおいて一つの参考になるといえます。


      ガス料金の適正価格は、一般社団法人プロパンガス料金消費者協会が都市ガスの料金を目指して価格設定をしているものです。

      プロパンガスは都市ガスと同じ家庭のお風呂・コンロ・暖房向けのエネルギー源として活用されています。

      気になるガス料金の適正価格の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

      都市ガスもプロパンガスもその用途はほとんど同じなのですが、料金は大きく異なります。通常、都市ガスよりも1.5倍から2倍くらいプロパンガスのほうが高い傾向がみられます。

      それを抑えるように適正価格を決めておいてできるだけ都市ガスと料金の差がでないようにした結果生まれました。都市ガスとプロパンガスは流通経路が違います。


      プロパンガスの場合は流通経路が元売りから卸売りへ、卸売りから高利会社へまでの三階層です。
      一方、都市ガスでは二階層となっており輸入商社から輸入したガスを都市ガスの会社に流通しているためコストが安くなっています。

      最終的に、都市ガスと同じレベルは無理なのですが開きを抑えてできるだけ使いやすいようにするように様々な取り組みをプロパンガス料金消費者協会は行っています。

      ガス料金見守り保証もその一つです。

      これは協会が紹介したガス会社が万一不透明と思われる値上げをした場合に協会に連絡をします。



      そうすることで、独自調査をして間違った値上げであると判断したら協会が値上げ前の料金に戻すよう責任を持って交渉をします。



      これによって、利用者が安心してプロパンガスを使えるように配慮されています。

top